堺でトイレリフォームを考えている方に知っておいて欲しいこと

SITEMAP

綺麗を保ちお掃除ラクラクToilet renovation

Choices Contents

2016/07/25

トイレリフォームの業者を決める

トイレリフォームをこれからしようと思っている人は、トイレリフォームをしてくれるような堺のリフォーム業者を決めていくべきなのです。では、どのように堺でトイレリフォームの業者を決めていくのが良いのでしょうか。まず、今までのたくさんのトイレをリフォームしてきたか否かということです。やはりトイ…

2016/07/25

トイレを明るくリフォーム

トイレを明るくきれいにするために、堺の業者に頼んで思い切ってトイレリフォームを行いました。トイレの壁紙が汚くなってきたのが気になったからです。小さなカビがいっぱいありました。窓があり、通気性は良いと思うのですが、いつの間にかカビが生えてしまいました。トイレリフォームは、壁紙と床とトイレ…

堺でトイレリフォームする際の費用と内容について

堺でトイレリフォームをしたいと思っている方はトイレリフォーム堺三井のリフォームがお勧めです。三井の不動産グループだから安心して任せることができますよ。

トイレが古くなってきたから、最近流行りのタンクレスや節水型のトイレに変えたい!と思っている方も多いはずです。トイレ(便器)を新しいタイプにかえる場合、様式から様式への変更は堺の業者にトイレリフォームを依頼すると、大体20万~30万くらいかかると言われています。因みに和式から様式にかえる場合は100万以上かかる場合もあります。さらに天井や壁や床などトイレの空間全部をトイレリフォームするとなると費用は全部で50万~80万程かかると言われています。
ただしこの値段は比較的安い場合の時です。費用は堺の業者やトイレのタイプによっても随分変わってきます。ですが安いといっても、堺の業者によっては人気のタイプのトイレを選べる場合もありますし、最近のトイレは性能も良く安くても十分に満足出来るものも多いです。便器だけでなく空間全体的をリフォームする場合、壁紙やタイルなどに拘ればそれなりの値段はしますが、トイレはリフォームしやすい空間なので色々と遊ぶ事も出来ます。
例えば、壁紙を少し奇抜なものにしてみたり壁際にデザイン棚を取り付けてみたり、床にタイルを敷き詰めてみたり、天井に窓をつけてみたりなど様々なリフォームの形があります。普段はあまり見えない空間だからこそ、オシャレに目立たせたいものです。空間自体がそんなに広くないので冒険しやすいのもトイレリフォームの良いところです。

和式トイレから洋式にリフォームするなら堺の業者にお任せ

堺の業者にトイレリフォームを依頼した際におっしゃっていたことですが、洋式トイレには暖房便座を付ける人が増えているとのこと。トイレリフォームするのに冬場に寒くなるであろう普通便座より温かくなる暖房便座のほうが快適なので当然ですね。ところが堺の業者の人と話していて今の暖房便座は多機能だということを知りました。
色々なセンサーや配線などが便座に取り付けられており、水分は厳禁です。和式トイレは何も機能が付いていないため、昔ながらの家屋であれば家屋の外におトイレが設置されていたり、家屋の中でも壁はコンクリートの打ちっぱなしであったりと、便座の結露やトイレ内の湿気の心配は全く必要がありません。ところが多機能型の暖房便座は結露や湿気などと言った水分は故障の原因になります。その為和式トイレから洋式トイレにトイレリフォームするときは便座を色々と調べると思いますが、それと同時に壁や床・天井などの断熱は今現在どうなっているのか。換気扇が十分に働いてトイレ内の湿気の心配はないのか。と言ったことも調べてほしいと思います。
換気扇を一日中つけていれば湿気や結露の心配は軽減しますが、その分電気代もかかってきます。壁などに断熱材を入れた方がコスト的に安いのか、毎月の電気代はどうなるのか、それとも安価な便座を取り付けて故障するたびに取り換えた方がいいのかなどを堺の業者に相談して十分に検討してからトイレリフォームをされなければ、後々、こんなはずではと言ったことになりかねません。

トイレの種類とリフォームに関して堺の業者に聞いてみた

堺のリフォーム業者にお願いしてトイレリフォームする際、便器を変えるのがメインとなるかと思いますが、その場合壁紙や床の張り替え費用も考慮する必要があります。これはトイレ(便器)の種類に合わせる為です。トイレのタイプを変えれば、今まであったものがなくなったり、サイズが変われば隙間ができる場合もあります。そんな中壁紙や床はそのままというのは少々見た目も悪いですよね。つまりトイレ(便器)の種類を変えるという事は自然と壁紙や床を張り替えるという事なのです。という事で、堺の業者に聞いたトイレの種類をまとめてみました。
・タンク式トイレ:手洗い器が付いている、よく見るタイプのものだと思います。・手洗いが付いていないタンク式トイレ:手洗い場を別につける事が出来ます。・タンクレストイレ:タンクがない分スペースが広くなります。・節水型トイレ:使い続けるほど水道代がお得になります。・ウォシュレット(シャワー)一体型トイレ:継ぎ目が少ないので汚れにくく掃除がしやすいです。・システムトイレ:セミオーダーになります。手洗い器や収納棚やトイレアクセサリーなど自分で空間をカスタマイズする事が出来ます。
トイレはスペースが限られている為、自分好みにリフォームしやすい場所でもあります。トイレリフォームの際には便器のタイプだけでなく空間全体の事を考えて行うといいトイレリフォームが出来ると堺のリフォーム業者に教えて頂きました。

Update Information

2016/07/25

リビングとトイレをリフォームしました

堺の業者にリビングリフォームとトイレリフォームした時の事です。堺にある私の家は、リビングが6畳の広さでした。リビングリフォームして広さが14畳ぐらいの広さにしました。リビングが広くなったので大型テレビと大型冷蔵庫が置けるようになりました。他にはキッチンも広く使えるようになったので料理をするのに…

2016/07/25

トイレのリフォームをして祖父が喜んだ

堺にある私の家では、今年の春にトイレリフォームを行いました。三世代同居の私の家。特に最近85歳になった祖父が、椅子から立ち上がったり、座ったりする動作が辛そうで、何とか負担なく過ごしてほしいと考え、堺のリフォーム業者に相談してトイレリフォームを思い立ったのです。トイレのリフォームにあた…

TOP